仮想通貨

【仮想通貨】今更聞けない!ビットコインってどうやって買うの?初心者向けに回答します!

2009年に始まり、どんどん世界的に広まっていった仮想通貨。いまだに「仮想通貨ってどういう仕組みなんだろう」「どうやって買えばいいのかな?」と疑問に思っている方も案外多いのではないでしょうか?今更周りの人にも聞くことのできないそんな素朴な疑問に対して今回は分かりやすく解説していきたいと思います。

 

仮想通貨ってそもそも何?

仮想通貨というワードが世界的に広まり、今では当たり前の言葉となっていますが、その実態についてはあまり分からないという方もいらっしゃると思います。仮想通貨とは、インターネットを通じて取引をされる通貨のことを指します。円やドルといった今まで普遍的にあった通貨との大きな違いとしては、銀行や政府が発行していないという点です。通常の通貨は中央銀行が管理をし、その金融情勢に応じて発行枚数を調整したりしています。しかし、仮想通貨の場合はそのような管理する組織が存在しないため、ユーザー同士の取引だけが管理されています。数も上限がある通貨が多く、その通貨を保有しているユーザーと欲しているユーザーの需要と供給に応じて通貨の価値が変動しています。2009年以降、さまざまな仮想通貨が生み出されており、今もその数は増え続けています。それに応じて、通常の通貨と仮想通貨を変換する取引所の数もどんどん増えてきています。

 

ビットコインって何?

仮想通貨=ビットコインというイメージを持っていらっしゃる方もいるとは思いますが、ビットコインとは、仮想通貨の中の1つの通貨の名称です。ビットコインは2009年に初めて出現した仮想通貨で、サトシナカモトという方がネット上にアップした論文をもとに複数の開発者が協力し最初のブロックが誕生したと言われています。今でも仮想通貨の中では最もポピュラーで、最も時価総額が高く取引量も多いと言われています。

 

ビットコインの2つの買い方

ビットコインを購入する方法としては、「販売所で購入する方法」と「取引所で購入する方法」の2つがあります。この2つの方法はどちらも仮想通貨取引サービスへの登録が必要となります。ではここからはこの2つの方法について具体的に解説していきたいと思います。

ビットコインを販売所で購入する方法

販売所では、自分の購入したいタイミングで運営会社を通してビットコインを購入したり売却することができます。その時点でのビットコインの価格が提示されているため、ビットコインを日本円で購入することができます。購入方法としては、銀行振込やクレジットカード入金等があります。

販売所で購入する場合のメリットとしては、いつでも自分が必要なタイミングで日本円をビットコインに買えることができるのでとても使い勝手がよいでしょう。仮想通貨で投資をしている方等は、取引の中で急な値動きによって急いで追加資金を用意する必要がある時でもすぐに日本円からビットコインへ変換できるのでとても便利でしょう。

反対に販売所で購入するデメリットとしては、ビットコインを買う際にビットコインの価格だけではなく、スプレッド手数料がかかってきてしまうため、ビットコインを買う際にはコインの価格以上に支払いが必要になりますし、売る際には元の価格よりも安く売ることになります。

 

ビットコインを取引所で購入する方法

取引所とは、ユーザー同士でビットコインを売買するプラットフォームです。取引所では、「買い板」「売り板」というものがあり、そこに価格と数量が示されています。自分が持っているビットコインを売りたい場合は、売りたい数量と希望金額を提示します。その金額で購入したいというユーザーが現れたら契約成立となり、売買が完了します。反対にビットコインを買いたい場合は、自分の希望する量・金額を提示しているユーザーを探し、その人と取引を行い、ビットコインを売ってもらいます。

取引所のメリットとしては、ユーザー間でのやり取りではあまりにも高い取引手数料を提示しているとなかなか売買がうまくいかないケースが多くあるので、手数料を安く設定しているユーザーが多いので、その分手数料の負担があまりなく取引を行うことができるという点です。

一方、取引所のデメリットとしては、常に売買が行われているわけではなく、他のユーザーが売買の提示をしていなければ取引を行うことができません。そのため、急いで日本円からビットコインに換金したいという場合にはあまり適さないでしょう。

 

ビットコインのおすすめ取引所

ビットコインを購入する取引所は年々増えており、今はかなりの数の取引所が存在します。その中でどの業者を使った方がよいのか迷う方もいらっしゃると思いますので、ここからはおすすめのビットコイン取引所をご紹介したいと思います。それぞれ特徴がありますので、自分に合った取引所を選んでビットコインを購入してみてくださいね!

 

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
コインチェックは東証プライム上場企業です。上場企業の信頼感もあり、国内で利用しているユーザーもかなり多い取引所となっています。コインチェックの人気の1つとして、スマホアプリがありスマホでも本格的な取引ができるという点です。スマホでの操作が可能だと初心者の方でも安心して取り組むことができますし、思い立った時にすぐ取引を行えるので使いやすいです。また、コインチェックでは、ビットコインだけではなく29種類の銘柄を扱っています。この取り扱い数は国内トップクラスの数字です。そのため、ビットコイン以外の仮想通貨での取引を行いたいと思った場合でもすぐに取り組めるという点も人気の要因でしょう。また、コインチェックではユーザーが掲示板のように投稿することができるチャット機能がついています。コインチェックのユーザーはとても多いので、実際に使っている人の声ややり方を聞くことができるので、初めて使う人でも安心して利用することができるでしょう。以上の理由から、これからビットコインを購入したいと考えている人はコインチェックを利用することをおすすめします。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内で最もビットコインの取り扱いが多い取引所です。ビットフライヤーは仮想通貨取引所の中で最も人気の高い取引所で、多くのユーザーを誇っています。仮想通貨取引所においてユーザー数はとても大切な指標となります。ユーザー数が多いと、その分相場が安定するので、突然の相場変動による損失を防ぐことができます。そのため、初めて仮想通貨の取引を行う人でも安心して取引ができると考えられます。ビットフライヤーの人気の理由として1番に挙げられるのは、ビットフライヤー経由で何らかのサービスを利用するとビットコインがもらえるというサービスがあることです。例えば、ビットフライヤーを経由して買い物をしたり旅行にいったりした場合、ビットコインが付与されるので、ポイントカード感覚で使うことができるのです。このようなサービスを行っているのはビットフライヤーのみです。まずは少額から少しずつ仮想通貨の取引をやってみたいと思っている人はビットフライヤーから始めてみることをオススメします。

 

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社のグループ、GMOコイン株式会社が運営している取引所です。東証一部上場のグループが運用しているという点で信用度は高いと言えるでしょう。GMOコインの最も注目すべき点は手数料です。現物手数料に関しては、‐0.035%とマイナス手数料となっています。この数値は業界の中でも最低の手数料です。そのため、取引をすればするほど手数料分を得ることができるという点が人気の1つとなっています。これまでGMOグループで取引をしたことがある人は他の取引所よりも使いやすいという声がかなり多いため、GMOグループユーザーの方やできるだけ手数料を抑えたいと考えている方におすすめの取引所となります。

 

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨の取引量が国内で1番多い取引所となっています。ビットコインだけではなく、7種類の仮想通貨を扱っています。ビットバンクの人気の理由としては、手数料の安さが1番に挙げられるでしょう。メイカー手数料はマイナス、テイカー手数料は0.15%と業界の中でもかなり低い数値となっています。また、ビットバンクの特徴的なサービスとしては、仮想通貨レンディングがあることです。仮想通貨レンディングとは、自分が持っている仮想通貨を貸し出すことによってその分の年利を受け取ることができるという仕組みです。銀行にお金を預けていると、その分利子がつくのと同じ仕組みですね。貸している人は預けておくだけで資産を増やすことができますし、借りる人は借りた仮想通貨を使ってレバレッジ取引をすることができます。この仕組みを利用しているユーザーもかなり多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?一度は価格が暴落してしまったビットコインですが、最近再度注目を集めてきているので、これからビットコインを購入して取引をしたいという方も増えてきているのではないでしょうか?ビットコインの購入は誰でも簡単にすぐに行うことができるので、購入を検討している方は、この機会にぜひ自分にあった取引所を選んで、ビットコインを購入して未定はいかがでしょうか?